企業が行うべきSNSマーケテイング戦略とは | 新しいSNSを利用したWEBマーケティング方法

HOME » WEBマーケティング » 企業が行うべきSNSマーケテイング戦略とは

企業が行うべきSNSマーケテイング戦略とは

SNSを利用したマーケティングは、より消費者との距離を縮めることが出来、また商品やサービスをその消費者が気に入ってくれた場合、その消費者がインフルエンサーとなり企業に代わってどんどんそのサービスを宣伝してくれるようになります。
これはかなりの成功事例ではありますが、一つの企業の商品やサービスを気に入った人がいて、その人が情報を発信、また他の人が情報を発信というようにつながっていきどんどん拡大していきます。
とはいってもSNSを利用すれば必ずしもそのような成功を遂げるという事ではもちろんありません。
成功するように戦略をしなければなりません。

まずはSNSといってもどのSNSを利用するかという事です。
それぞれの特徴をつかむことが大切になります。
今SNSのマーケティングでは大きく分けて3つのSNSが利用されております。
Twitter・Instagram・Facebookです。
この中でTwitterがユーザー数の規模が一番大きいのですが、Instagramが急上昇していることからどれもユーザー数は増え続けております。
またツイッターは一人でいくつかのアカウントを持つことが出来るためユーザー数が伸びているところはその関係があるかもしれません。

それぞれが特徴があります。
Twitterは短い文章で伝えます。
またタイムリーであることが特徴的で、今の話題作り(キャンペーン)や新商品など、様々な情報をいち早く発信することが出来ます。
Instagramは写真を投稿するサイトですので、例えばファッションブランドや電化製品メーカーなどその商品を写真で伝えたい企業に向いております。
Facebookは個人が特定されておりますので、より深いマーケティングができる反面タイムリーさに欠けるというデメリットがございます。

一番マーケティングに使いやすいのはTwitterではないでしょうか。
PRしたいものにあったSNSをうまく使い分けることが必要となってきます。